寒い日のレディース春コーデ

寒い日のレディース春コーデは、こうすれば寒くない!2月〜3月

季節を先取りして、早く春物を着たいけどまだまだ寒い日も多いですね。そんなときには冬コーデに春服を1点投入するだけで、春っぽいコーディネートだけど暖かく過ごせます。
気持ちが華やぐ、寒くない春コーデを紹介します。

 

春っぽさをキレイ色でアピール

春っぽいディテールといば、まずはキレイ色です。パステルやヴィヴィッドなキレイ色アイテムを着て、簡単に季節感を演出します。白やアイボリーなどの淡い色をつなぎに使うと、定番色にもしっくりなじみやすく、コーディネートも引き立ちます。

 

ピンクのトレンチコートなら、インにはモノトーン合わせのスタイルが定番。黒のニットトップスに、白ベースのストライプスカートなど、なじませカラーの白が多めだと、面積大なピンクアウターも品よくまとまります。

 

この春注目のイエローは、同系トーンのベージュで大人っぽっく着こなします。黄色のリブニットトップスには、ネイビーのワイドパンツを合わせ、定番ベージュのトレンチコートを羽織ります。小物のバッグにスカーフでアクセントをつけ、今どきテイストを加えると春らしい華やぎが増します。

 

素材で春らしさを表現

軽やかさが特徴の春素材は、寒く見えがちですね。レザーやふんわりニット、スエードなどの温かみのある素材と合わせて、コーデにメリハリをつけます。

 

レースのブラウスを着たら、アウターのニットカーデも同系色にします。ボリューミーでモコモコした起毛ニットのカーディガンを選ぶと、暖かさも抜群で異素材感も際立ちます。ボトムは、インディゴのスキニーデニムで、上半身のぼんやり感と甘さを引き締めます。

 

グレーのチュールスカートをはいて、澄んだブルーのニットトップスを合わせます。アウターにはレザーのライダースジャケットを肩がけにして、女っぽさを加えます。テイストが真逆なアイテム同士のときには、似たトーンの色でまとめるとオシャレに見えます。

 

春らしい柄アイテムをコーデに投入

春のトレンド柄は、花柄とストライプ。キャッチーな柄物をコーデに投入すると一気に春の華やぎがアップします。

 

花柄のワンピースには、ロングカーデが好相性。ワンピースに使われている色をメインにして、コーデの色数を少なくするのが大人っぽく仕上げるコツです。
カーデとワンピの長短ギャップで、メリハリをつけてスタイルアップさせます。

 

ストライプのブラウスは、袖がフリルになったデザインを選びます。ティアードの盛り袖は今どきスタイルで、脱ベーシックに着こなせます。上半身にボリュームがあるので、ボトムはスキニーでスッキリさせて、アウターはテロンチでトレンド感を入れつつ、定番トラッドを今っぽくアップデートします。